FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←奈良・桜井の纒向遺跡:3世紀最大級の建物跡 卑弥呼の祭祀空間か →古事記は天武系、日本書紀は天智系
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 古代史
もくじ  3kaku_s_L.png 平安時代
  • 【奈良・桜井の纒向遺跡:3世紀最大級の建物跡 卑弥呼の祭祀空間か】へ
  • 【古事記は天武系、日本書紀は天智系】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

古代史

額田王は、九州王朝の内親王か?

 ←奈良・桜井の纒向遺跡:3世紀最大級の建物跡 卑弥呼の祭祀空間か →古事記は天武系、日本書紀は天智系
 額田王(ぬかたみのおおきみ)は、九州王朝の内親王ではないかと考えています。

 古田武彦氏は、「なぜ、“王”をおおきみと呼ぶのか?」疑問を持たれています。

 まず、その疑門に答える前に、舒明大王が、大王に即位した時、九州王朝への人質として、“長男”である大海人皇子を差し出したと考えています。九州王朝にしても、大海人皇子は、人質の中でも最高の存在であったと推測できますので、九州王朝の天皇から娘(額田王)を娶らされたと思うのです。

 その時の天皇の名を「中皇命(なかつすめらみこと)」といい、額田王は、その娘ではなかったでしょうか? さらに、この中皇命は、唐・新羅連合軍と白村江の戦で破れ、唐の捕虜となった「薩耶麻(さちやま)」ではないでしょうか?

 さらに、額田王と大海人皇子との間に生まれた娘は、後に大友大王の妻となっていますし、額田王自身は、天智大王の妻になっています。このことから、額田王はかなり高貴な存在であったと推測するのです。差し詰め、後世のお市の方かその娘の茶々と思われますが、いかがでしょうか?


スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 古代史
もくじ  3kaku_s_L.png 平安時代
  • 【奈良・桜井の纒向遺跡:3世紀最大級の建物跡 卑弥呼の祭祀空間か】へ
  • 【古事記は天武系、日本書紀は天智系】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【奈良・桜井の纒向遺跡:3世紀最大級の建物跡 卑弥呼の祭祀空間か】へ
  • 【古事記は天武系、日本書紀は天智系】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。