FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←大兄とは? →昨夏の豪雨で縄文期の泥炭層出現 宍粟・福知渓谷
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 古代史
もくじ  3kaku_s_L.png 平安時代
  • 【大兄とは?】へ
  • 【昨夏の豪雨で縄文期の泥炭層出現 宍粟・福知渓谷】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

古代史

二上山は“王家の谷”か?

 ←大兄とは? →昨夏の豪雨で縄文期の泥炭層出現 宍粟・福知渓谷
 大阪府と奈良県の県境に二上山(ふたかみやま)があるのをご存知でしょうか? もちろん大阪や奈良に在住されている方でご存知ない方はおられませんが。
 この二上山は、銅鐸文明の内の奈良地方(以下、「奈良銅鐸文明」という。)における“王家の谷”ではなかったのか、と考えています。二上山からは、サヌカイトが産出され、それが奈良銅鐸文明の力の源泉だったと考えるのです。
 
 今、私は資料を手元に何も持っていませんので、具体的なことは書けないのですが、この二上山の奈良県側や大阪府側の麓には、大和王権の多くの古墳があります。さらには、志紀皇子も二上山の山中に葬られています。

 このような見解は、私の独断ですが、「二上山は王家の谷」であると述べさていただきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 古代史
もくじ  3kaku_s_L.png 平安時代
  • 【大兄とは?】へ
  • 【昨夏の豪雨で縄文期の泥炭層出現 宍粟・福知渓谷】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【大兄とは?】へ
  • 【昨夏の豪雨で縄文期の泥炭層出現 宍粟・福知渓谷】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。